HOMEレイキとは?

レイキ(霊気)とは?

レイキは、19世紀の終わりに臼井甕男(うすいみかお)先生により再発見された、古代チベットを起源とするハンドヒーリング・自己成長のテクニックです。

レイキは日本で生まれた「手当て療法」のひとつです。
子供の頃、痛いところに「ちちんぷいぷい」と手を当ててもらっただけで、痛みがすぅーっとなくなっていったという経験は、多くの方がしているのではないでしょうか?
レイキのヒーリングは、手を当てることで、宇宙に存在する生命エネルギーを活用して、心身を活性化・調和させます。手を当てた場所から取り入れられた気は体を循環し、活性化しながら不要な気を開放することで、心身のバランスを整えます。バランスが整うことで、自己治癒能力や免疫力が高まり、病気の予防や健康維持が出来るほか、精神的安定や、自己成長をももたらします。
現在、世界におけるレイキ実践者は約500万人と言われています。
                        *レイキはいかなる宗教とも関係ありません。ご安心ください。

レイキを実践する意味

レイキ

私達は宇宙の中で様々なエネルギーを受けて生きています。
昔の人々は、空をみて明日を知り、大地からエネルギーをもらい、月の満ち欠けや太陽の光をしっかりと感じながら生きていました。
現代にあって私たちが忘れがちな宇宙からのエネルギーを受ける回路を開き、そのエネルギーを活かし使うことが出来るようにすることを、レイキではアチューンメントと呼んでいます。アチューンメントを受けることで、回路を開きレイキを受け取るだけでなく、自然治癒能力を高め、ありのままの自分でありながら、心身ともにバランスをとることが出来るようになります。
                 

レイキの作用

レイキアチューンメント後、または、レイキヒーリング後には次のような効果が期待できます。
 
 心身のバランスがとれる
 エネルギーの活性化・調和
 自然治癒能力の向上
 ストレスの軽減・ストレスに強くなる
 心身の浄化
 本質への気づき・自己成長を促す
 健康維持
 病気の予防
 リラクゼーション効果  など
このページのトップへ

REIKI

LINK

お問い合わせ

フォームからのお問い合わせ