HOMEバッチフラワーQ&A

バッチフラワーQ&A

バッチフラワーについてのよくあるご質問をまとめてみました。

バッチフラワーはどんな時使えますか?

どんな時でも使えます!

日常での様々なストレスやショックの状態・人生の変化時の葛藤・性格や性質の改善など、心のバランスが崩れていると思う時等など、いつでも使うことが出来ます。害・副作用がないことから、赤ちゃんから亡くなる寸前までどんな方でも安心してお使い頂けます。心の状態にあったエッセンスを数滴、飲み物に入れるか口に直接落とせばいいので、使い方も簡単ですね。

1日に何回くらい飲めばいいですか?

1日4回以上 何度でも

基本的には1回に数滴(ブレンドボトルからは4滴、原液ボトルからは2〜4滴)を1日4回以上とります。辛いと感じることが頻繁にあれば、4回にこだわらずその都度とることができ、安心してお使いいただけます。

風邪に使えるエッセンスはありますか?

バッチフラワーは心や感情に作用します。

「風邪をひいたからこのエッセンス」「熱があるからこれ」などと体の症状や病気に直接対応させるものではありませんが、風邪の症状による不快な感情・熱がある時の不安な気持ちなど、体の症状に伴う心の状態に対してとっていくことで、より早く症状が緩和されていきます。

薬を服用していても飲んで大丈夫ですか?その場合の飲み方は?

薬と併用する事ができます!

もともとイギリスで名の知れた医師であったバッチ博士が、誰でもが気軽にとれ、病気や症状として体に現れる前に自分自身を癒すことが出来る事を目指して完成させたものがバッチフラワーです。バッチ博士はその書簡の中で「従来のどんな治療とも併用でき、どんな処方にも追加できる」と記しています。薬と併用する場合の規制はありませんので、必要な時に必要なだけとることが可能です。薬服用の際の水にレメディを落として飲むこともできます。
このページのトップへ

どんな飲み物に入れることが出来ますか?

どんな飲み物にも入れることが出来ます。

暖かいもの・冷たいもの・スープ・アルコール飲料など。マイボトルやペットボトルを持ち歩いている方は、分量や飲みきる時間に合わせてあらかじめ入れておくことも可能です。

ペットに飲ませたいのですが。。。?

もちろん、ペットにも使えます。

量や用法はヒトと同じです。ペットをよく観察してストレスの原因やその子の性格を見極めて選びます。水や食事に混ぜてあげてください。

アロマとはどう違うのですか?

基本的には飲むことで癒されます。

バッチフラワーは植物の癒しのエネルギー・バイブレーションをお水に写し、小さなボトルに詰め込んだもの。1つ1つが私達の感情に対応しています。飲むことで感情が癒されます。それに対し、アロマは植物からの抽出オイルの香りによって脳を刺激しリラックス効果を与えます。

植物由来と聞きましたが、アレルギーを起こすことはありませんか?

80年の長い歴史の中で アレルギーを起こしたという報告はありません。

バッチフラワーは植物由来ではありますが、ボトルの中には植物そのものはほぼ残存していません。
安心してお使い頂けます。
このページのトップへ

プラシーボ効果では?

認識せずに使っても作用はあらわれます。

バッチフラワーは、1930年台から約80年の長きにわたって多くの国で使われ続けています。意識の遠のいた方や赤ちゃんペットなど、バッチフラワーと認識せずに使っても作用はあらわれますので、プラシーボ効果ではないことが分かります。

エッセンスを飲み忘れてしまいました。どうしたらいいですか?

忘れてしまう=辛い感情が薄れてきたのでは?

飲み忘れてしまうような場合の多くは、辛い感情が薄れてきた時といえます。気づいた時に自分の感情を見直して、まだ必要と感じるようであれば、再開してください。

ずっと飲み続けなければいけませんか?

飲み続けなければならないということはありません。

自分の気持ちが落ち着いた時、楽になったと感じた時にいつでも止めることが出来ます。再度同じような感情があらわれてくることがあれば、また飲み始めればいいのです。
このページのトップへ